• トップページ
  • 医院紹介
  • 診療案内
  • 交通案内
  • コンタクトレンズ
  • 白内障
  • 眼瞼けいれん・片側顔面けいれん(ボツリヌス治療)

眼の病気

眼の病気

トップページ > 眼瞼けいれん・片側顔面けいれん

眼瞼けいれん

「眼瞼けいれん」とは、目が開けにくくなったり、瞬きが増えたり、眉間やおでこにシワがよりやすくなるなどの症状が出る、目の周りの筋肉に関わる神経回路の異常で起こる病気です。中年以上の方に発症しやすく、多くの患者さんは原因不明のことが多いですが、安定剤や睡眠薬の副作用のこともあります。

まぶしさ、目の乾きや目の痛みを訴えることが多いですが、眼科でも診断がつかず、長い間ドライアイとして点眼治療されている患者さんも多く見かけます。

片側顔面けいれん

「片側顔面けいれん」とは、左右どちらかの、片目をつぶる筋肉、笑う時の筋肉、口を動かす筋肉が自分の意志と関係なく、ピクピクと動く病気です。中年以上の方に発症しやすく、これらの筋肉を動かす顔面神経が、動脈硬化した血管や脳腫瘍などに圧迫されて起こることが多いです。

また、片側顔面けいれんと似た症状に、眼精疲労やストレスなどで起こる「眼瞼ミオキミア」という一過性の片目の筋肉がピクピクする病気があり、鑑別診断が大切になります。

眼瞼けいれん・片側顔面けいれんの治療

当院では、西宮市内でも数人しかいない日本神経眼科学会認定の「神経眼科相談医」が診察いたします。

眼瞼けいれんの治療

「眼瞼けいれん」の患者さんには、普段飲んでいる薬の用法についてアドバイスをさせていただいたり、まぶたを開けやすくするクラッチメガネを案内させていただいたり、対症療法として主流となっているボツリヌス(ボトックス®)注射療法を施行いたします。(2〜4か月間治療効果が続きます。)

片側顔面けいれんの治療

「片側顔面けいれん」の患者さんには、症状の経過をお聞きして、病気の原因を推測し、連携している施設でMRIなどの精密検査を受けていただいたり、必要なら脳外科に根治手術のため紹介させていただきます。また、対症療法療法として眼瞼けいれんの治療と同様にボツリヌス注射療法もいたします。

ページトップへ戻る

西宮市・ゆうこう眼科医院/一般眼科(コンタクトレンズ・メガネ処方)、レーザー手術、白内障

Copyright © 2011 医療法人社団友幸会 All Rights Reserved.