• トップページ
  • 医院紹介
  • 診療案内
  • 交通案内
  • コンタクトレンズ
  • 白内障

眼の病気

白内障

トップページ > 白内障

白内障とは?

白内障とは水晶体が濁る病気のことです。
水晶体は眼の中にあって、カメラの中にあるレンズに相当します。年を取るにしたがってちょうど髪の毛が白くなっていくのと同じように、水晶体は少しづつ濁ってきます。

通常の水晶体 白内障で混濁した水晶体

このように白内障になる原因としては加齢が最も多く、60歳前後からかすんで見える、まぶしい、いくら調整しても眼鏡が合わない、ものがぼやけて二重、三重にだぶって見えるといった症状が現れます。その他に外傷(昔、目を打ったことがあるなど)、アトピー、放射線や赤外線照射、ステロイドなどの薬の副作用、糖尿病、ぶどう膜炎などの目の病気などで発症することもあります。

白内障が軽ければ目薬を用いて進行を遅らせることはできますが、完全に進行を止めることはできません。白内障が進行してかすむ、まぶしいなど日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。

日常生活の不自由

例えば・・・

  • 新聞が読みにくい
  • 掃除がやりにくい
  • 車の運転が不安になる

白内障の経過中に白内障が緑内障を引き起こしそうになったり、ぶどう膜炎を起こしたりすることがあります。このような時には、手遅れにならないように医師が白内障の手術を積極的に勧めます。
このような時期を見逃さないためにも、白内障になったら定期的に眼科を受診しましょう。

ページトップへ戻る

西宮市・ゆうこう眼科医院/一般眼科(コンタクトレンズ・メガネ処方)、レーザー手術、白内障

Copyright © 2011 医療法人社団友幸会 All Rights Reserved.